優美な音色会〜Club Elegance sound〜雅楽



































































































雅楽器紹介




★鳳笙(写真上)

細長い竹管を17本、頭と呼ばれる椀形の円周上に縦に並べた独特の形をしていますが、これは伝説上の鳥、鳳凰が翼を休めている姿を模したといわれ、そこから「鳳笙」とも呼ばれています。

笙の音色は『天から差し込む光』を表すといわれ、全体を包み込むような、広がりを感じさせる音色が特徴です。笙の音はまた、合奏の音律の要となっています。

★篳篥(写真下)

18センチほどの短い管に、葦で作った廬舌(ダブルリード)を差込み音を出します。約1オクターブの音域しかありませんが、曲線をうまく生かした装飾的な「塩梅」という独特の奏法を多用します。管本体の大きさから想像されるよりはるかに豊かな音量が得られ、合奏では主旋律を担います。
笙が天上の音であるのに対し、篳篥の音は地上で生活する人間の声をあらわす、といわれています。

★龍笛(写真中)

主旋律を受け持つ篳篥に比べ、広い音域を持つため、主旋律を装飾的に演奏します。

龍笛は『龍の笛』と書きますが、それは空間を舞う龍の鳴き声を表しているといわれているからです。

天を表す「笙」・空を表す「龍笛」・地(人)を表す篳篥で合奏することによって、1つの宇宙を表していたと伝えられています。

上記三管の他に太鼓等の三鼓も用います。

★鞨鼓

雅楽合奏のなかでは指揮者にあたる役割を担っています。

曲の始まりや終わりの合図を出したり、曲の速度などの全体の流れを司る、重要な役割をはたします。
鞨鼓を演奏することを「?く」といい、細長い2本の桴を左右に持ち、横から円を描くように打ちます。

★釣太鼓

2本の桴を両手に持ち、片面のみを打ちます。
左手で軽く打つことを「図(ずん)」、右手で強く打つことを「百(どう)」といい、左桴を先に、次に右桴を打つ合桴(あわせばち)が基本の奏法です。

★鉦鼓

雅楽で唯一の金属楽器です。

合奏において鉦鼓は太鼓や鞨鼓の音色を、その金属特有の高い音色で装飾します。そのため、太鼓に付随して打たれる事が多く、太鼓にわずかに遅れて打ちます。

※上記三管三鼓の他に当会では使用しませんが、引き物があります。

★楽箏

右手の親指、人差し指、中指に竹のつめをはめて演奏します。奏法は大別して2種類に分かれ、軽快な感じの「早掻(はやがき)」と、ゆったりとした感じの「閑掻(しずがき)」があり、曲調によって使い分けます。
琵琶が拍の頭を決める役割なのに対し、箏は全体のテンポをつかさどります。

★楽琵琶

水平に構え、撥で弾きますが、メロディーを奏でるのではなく、低い音の絃から高い音の絃に向かって複数の絃を鳴らす奏法が基本です。